医療事務がアピールできる3つのポイント

こんにちは、月風みゆです◎

医療事務から転職する時には、様々な壁が立ちはだかりますが、

その壁を打ち破る上でも、医療事務がアピールできるポイントについて書いていきます。

医療事務で得られるスキルとは?

約5年間医療事務を経験した私が、医療事務で得られたスキルについて書いていきます。

※医療事務としてのスキルではなく、一般的にも通用するであろうスキルについて書いていきますね。

1.コミュニケーション能力

医療事務では、様々な年齢の患者さんと接することが多く、他職種との連携が必要となるため、自然とコミュニケーション能力が身についたと思います。

患者さんや他職種には馴染みがない医療制度について、わかりやすく説明する能力がついたと思います。

2.多くのことを同時に行う能力

医療事務では、ただ事務作業(レセプト業務など)を行えることはまずなく、

患者さんの対応、電話対応、その他様々な業務が重なることがほとんどです。

その為、優先順位をつけること、多くの業務を並行して行うことが出来るようになりました。

3.あまり物怖じしないメンタル

患者さんの中には、病気で気が滅入ってることもあり、すごく怒りっぽい方もいます。。

急に怒鳴られても、物怖じせずに伝えなければならないことを伝え、笑顔で対応できるようになりました。

このスキルをどう伝える?

3つのスキルを書きましたが、それをどう伝えるかについて書いていきます。

1.コミュニケーション力

どんなお客様とでも話が出来て、わかりやすく説明することができる

理由: 医療関係の制度は、あまり馴染みがない為、わかりやすく伝えることが重要だから

2.多くのことを同時に行う能力

優先順位をつけて、何が大事なのかを見極めることができる

理由: 医療事務では、患者対応、レセプト業務その他多くの業務を並行して行わなければならず、常に優先順位を考えて行動していたから

3.あまり物怖じしないメンタル

どんなことがあっても動揺せず、冷静に対応できる

理由: 患者さんの中には、様々な不安から大きな声をあげる方もいらっしゃるが、そんな方にも優しく、丁寧に接してきたから

医療事務の経験は、役に立つ!と伝えることが大切

医療事務から一般事務へ転職する際、一番大切なのは、

医療事務で経験したことが、一般事務でも大切なスキルになる

と伝えることです。

残念ながら、医療事務は医療関係でしか役に立たない、というイメージを持っている企業が多いです。

そのため、医療事務という特殊な環境だったからこそ身に付いたことをアピールしていきましょう!

その他に必要なスキルはあるの?

コミュニケーション能力、優先順位をつけて多くの業務を並行して行う能力、物怖じしないメンタル。

これだけでは、少し強みとして弱いです。

そのため、医療事務以外のスキルを持てるようなら、持った方がいいと思います。

私はパソコンと、英語を勉強しました。

医療事務が持っていると強いスキルについては、こちらをご覧ください◎

医療事務が持っていると強い6つのスキルとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする