転職は、仕事しながら?仕事を辞めてから?

「仕事しながら、転職活動をする方がいい?」

「仕事を辞めてから、転職活動をする方がいい?」

私も転職活動をはじめたとき、この2つでとても悩みました。。。

仕事しながら?仕事を辞めてから?に対する、どちらの状況も経験した私の意見を書いていきますね♪

仕事しながら、転職活動をすると?

まず、仕事を辞めず働きながら転職活動をしたときの、メリット・デメリットです。

働きながらの転職活動、メリット

①お金の心配が少ない。

仕事を辞めない限り、今もらってる給料はもらえるままなので、金銭的な不安は少なくなります。

転職活動は意外とお金がかかります。。交通費や食事代なども余分に必要になります。

お金の心配があると、転職活動どころではなくなってくるので、安定した収入があるというのは、心の余裕にもつながります。

転職活動中でも、簡単におこづかいを稼ぐ3つの方法 では、交通費や食事代の足しになるような、おこづかいを稼ぐ方法を書いてます♪

②キャリアにブランク(穴)が開かない。

転職活動では、キャリアにブランクが開かないことが、結構大事なポイントになります。

とても優秀な人でも、経歴に空白期間が多くあると、「この人は何をしてきたんだ?」「社会になじめない人なのか?」「何か問題があるのか?」などと疑われ、それだけで不採用になる場合もあると聞いたことがあります。

働きながらの転職活動、デメリット

①とにかく時間がない!日程調整が難しい!

働きながら転職活動をするということは、普段の仕事もしながら転職活動をすることになるので、自由な時間はほとんどなくなります。

仕事→帰宅後は転職活動→仕事→転職活動・・・ というループが、転職を終えるまでずっと続きます。

また、面接の日程も平日が多いため、平日に休みが取れたり、早く退社できないと、面接にすら行けなくなります。

私は仮病を使って仕事を休み、面接に行ったこともあります。

②退職を引き留められて、気持ちが揺らぐ

いくら辞めたい会社だとしても、一人や二人、仲の良い方や素敵な方はいると思います。そんな方から、「辞めてほしくない」と引き留められると、やっぱり気持ちは揺らぎます。

私は尊敬する上司から、2~3回引き留め交渉を受けました。引き留めてもらえるのはありがたいことですが、普段の仕事+転職活動だけでも既に疲れているのに、そこに引き留め交渉まで受け、精神的にカナリつらかったです。

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

仕事を辞めてから、転職活動をすると?

今度は、退職後に転職活動をした時のメリット・デメリットを書いていきますね。

退職後の転職活動、メリット

①時間に余裕があり、転職活動に集中できる

仕事を辞めて転職活動をする、一番のメリットとも言えます♪

在職中に転職活動をするのは、結構しんどいんです・・・。自由な時間もないし、スケジュール管理も大変です。

その点、仕事を辞めると時間に余裕が出来るため、転職活動に集中することができます。

②「早期入社」を求める企業を受けやすい

求人の中には、早期入社を求める企業もあります。特に、一般事務では早期入社を求める傾向が強い印象でした。

内定が出てからは、最高でも1ヶ月程度しか待てない!という企業は割と多いので、すぐに退職するのが難しい場合は、退職後に転職活動をするのも一つの手です。

退職後の転職活動、デメリット

①お金の不安がつきまとう

退職すると、一番心配なのがお金の問題。一人暮らしをしてると、本当に死活問題ですよね。。

すぐに転職先が決まればいいですが、転職活動が長期化した場合は大変です。

金銭的不安があると、焦って決めてしまうこともあるので、退職後に転職活動をするなら、しっかり貯金はあった方がいいです。

②キャリアにブランクが開く

在職中に転職活動をする場合の逆になりますが、キャリアにブランクが開くのは結構な痛手ではあります。

面接でも、なぜ退職したのかを聞かれますし、退職理由にしっかりとした理由、客観的にも理解される理由が必要になります。


転職は在職中・退職後、どちらがいい?

在職中と退職後のメリット・デメリットをまとめた表です。

どちらを選んでも、良いところも悪いところもあります。なので、自分に合ったものを選んでくださいね。

ただ、私は在職中も退職後もどちらも転職活動をしたことがあるので、その経験から言える正直な気持ちは、

在職中の転職活動:

・お金の不安はないし、「もし転職先が決まらなくても、最悪今の会社にいればいい」と少し楽観的になれる。少し気持ちに余裕を持てる。

・結構しんどい。体力・気力的にも、割と追いつめられる。

・自由な時間はほどんどない。休みの日でも、履歴書を書いたりすることも。

・転職活動を進めると、就業時間でも転職活動をひそかにする必要があったりする(トイレに隠れて、企業へ連絡するなど)。

退職後の転職活動:

・自由な時間は取りやすい。自分のペースで転職活動が出来る。

・すぐに働けるため、「今すぐ人がほしい!」という企業への応募がしやすい。

・とにかく内定をもらうまでは不安。お金も自分の将来も不安になり、焦ることが多い。

・周りの目が気になる。プレッシャーをかけられたり、無職だとバカにされたり。。

・転職活動に時間がかかると、キャリアへのダメージが大きくなる。

どちらも、とってもネガティブですが(笑)、あえてネガティブに書きました。

というのも、私はどちらも経験してるので、「こっちがいいよ!」と無責任には言えないんですよね。ネガティブな意見も知った上で、自分に合った転職活動を進めてください♪

転職活動は、一人でするよりも、転職エージェントに相談するのがオススメですよ。

転職エージェントってなに?

MIIDAS(ミイダス)会員登録プロモーション

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする