医療事務から一般事務へ転職するには??

こんにちは、月風みゆです◎

私は医療事務から一般事務へ転職しました。

私と同じように、医療事務から一般事務への転職を考えている方に、私の実体験をお伝えしたいと思います!

医療事務から一般事務への転職は結構難しい

転職活動を通じて感じましたが、医療事務から一般事務への転職は結構難しいです。

その理由は、「事務経験がないから」です。

いやいや、医療事務も立派な事務職だよ!という気持ちはよく分かります。私もそう思いました。

ですが、一般企業のよくある意見としては、

・医療事務ってそもそも何してるの?

・医療事務は事務職なの?接客業なの?

・ビジネスマナーあるの?

・PC使えるの?

というものです。ひどいイメージですよね。。

様々な患者さんとの対応でコミュニケーション能力もあるし、レセプトも大変な事務処理なのに…

ですが、これが体感した事実でした。

「なぜ病院でなく企業を選んだのか」をアピールする

企業的には、

何で一般企業に転職するの?医療事務は専門職なのに、病院じゃダメなの?

というのが気になるようです。

そのため、履歴書や面接では、

・医療事務という特殊な環境だからこそ経験し、結果に繋がったエピソード

・その経験を生かして、一般企業でも頑張っていきたいこと

をメインに伝える必要があります。

それに加えて、

・ビジネスマナーあるの?

・PC使えるの?

に対して、大丈夫です!!と言えるエピソードやスキルを提示すると好印象です。

アピールポイントについては、こちらで詳しく書いています。

医療事務がアピール出来る3つのポイント



医療事務での経験アピール+スキルを得る

医療事務としての経験だけでなく、一般企業で使えるようなスキルを得ることも、一般事務への転職の近道になります。

なぜなら、医療事務の一般的なイメージは、受付で対応している医療事務員だからです。

受付に立つ医療事務員を見ると、一般事務で要求されるような事務処理能力よりも、接客業のイメージの方が強くなってしまいます。

そのため、医療事務の業務とは直接関係ないスキルを得ることもアピールポイントになります。

医療事務が持っていると強い6つのスキルとは?

転職エージェントに相談するのが一番!

ここまで、医療事務からの転職は結構難しいよ、という話を書きましたが、医療事務から転職出来る企業を自力で探すのは至難の業です。

特に転職では経験を重視されるため

事務経験がある、営業事務の経験がある などの募集だと、

医療事務は事務職ではない、というイメージだけで落とされることがあります。

そのため、転職エージェントのお世話になるのが近道になります。

転職エージェントってなに? には、転職エージェントのことや、転職エージェントに登録した後にすることを書いています◆

たくさんの求人があるのは、やはりリクルートエージェントです。

私はリクナビNEXTの転職サイトのみ使用しましたが、それだけでもかなりの求人数です。

リクルートエージェント

求人の多さで言えば、DODAもオススメです。

DODAを利用した友人の話ですと、結構な数の求人があり、よく電話がかかってきたそうですよ。

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

女性向けの求人が多いのはパソナキャリアです。

私も利用しましたが、エージェントさんが親切に話を聞いてくれました。

オフィスがきれい、というような情報も教えてくれました。

あなたの人生、変えましょう。転職で。パソナキャリア

enエージェントもおすすめです。

エージェントさんがとても素晴らしく、医療事務からでも自信を持って転職できるような自己PRなどを教わりました。

enエージェント

有名なエージェントといえば、マイナビエージェントもありますね♪

第二新卒の転職に強いエージェントのようです。就職して間もないなら、マイナビエージェントに相談するのもいいですよ!

マイナビエージェント

転職活動をして思ったこと

医療事務からの転職はかなり厳しかったですが、その厳しさを乗り越えたことで、とても成長出来たように思います。

会社に対する考え方や人間関係の作り方なども、病院と一般企業では違ったりするので、その差を感じることは刺激的でもあります♪

私が感じた医療事務と一般事務の考え方の違いは、こちらで書いています。

医療事務から一般事務へ転職して感じたこと

自分の強みを診断するのも、転職活動の第一歩です。

無料で登録できるので、試してみてください!

MIIDAS(ミイダス)会員登録プロモーション

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする